Search
ホーム » 特徴

特徴

SULECO在学中に、生徒一人一人の学習進捗状況を細かく分析し、精神面のサポート、チームワーク習慣を身に付けるための訓練を実施。技能実習生の家族には常に詳細な情報を提供し、在学中はもとより日本入国後の実習生の様子について定期報告を行います。
1)全寮制による集中教育。日本語のみならず、日本のマナーや慣習に関する学習、集団生活に必要な訓練も実施。
2)カリキュラム。適性および学習能力を入校3週間で確認。6カ月で日本語N4相当、10ヶ月でN3相当。そして入国前講習を2週間行います。
3)月次報告。日本語の成績・健康状態・注意点等を毎月SULECOより監理団体様を通して内定企業様にご報告いたします。もし学業や総合評価に問題がある学生に対して は、補習や指導強化の対策を行います。
4)質の高い教育内容を維持するため。教員らの能力向上研修を行い、技能実習生の成績を分析、内容の見直し改善を行っています。

日本語教育

ベトナム語と日本語の発音とでは大きく異なります。したがって、ベトナム人の日本語教師だけでは発音を正しく教える事は困難です。しかし逆に日本人の先生だけでは、学生ににとって日本語文法を初歩から勉強する際分かりずらい事が発生します。
このためSULECOでは発音などは専任の日本人教師、語彙文法などはベトナム人の日本語教師に分けて日本語教育を行っています。

日本生活の教育

技能実習候補生が日本に行って困ることがないよう、出発までに日本での生活についても教育を提供します。
多くの技能実習生にとって、電子レンジ・洗濯機は生活の中に未だありません。SULECOではそれぞれの実機を用意し、いつでも使える環境を整えています。更にベトナムではゴミの分別方法や騒音に対する考え方も大切な勉強と考えています。

教育機関として

SULECOは介護・宿泊等の部門における実習生教育のライセンスを取得しています。単なる送出し機関ではなく、高いレベルの日本語教育に加え、宿泊、技術、介護等の職業訓練を通し、多くの分野に優秀な人材を提供する教育機関としても受入れ企業様のニーズに沿った教育を行っております。

帰国後の就斡旋サポート

学生が技能実習終了後、職に就くことができるよう就職サポートを実施しています。
1)日本で、特定技能や技術者として再就職サポート。
2)ベトナムで、日系企業への紹介。

募集方法

1)SULECOの募集は、問題となっているブローカーを介すことなく直接候補者を募ります。その為、一人一人の候補者の性格や個性を把握出来、企業様の希望に沿う人材を募集する事が可能です。
2) SULECOの募集は、①ベトナム各地の労働・傷病兵・社会省(MOLISA)からの紹介。②大学、短大、専門学校、職業訓練センターとの提携。③日本語学校との提携。④ホームページ、Facebook、募集サイトへの掲載等を活用しています。
3)SULECOの募集は、SULECO独自募集方法は、個人のネットワークプロジェクトです。在校生徒・在日本実習生・実習生の家族等ネットワークを使い、紹介してもらう募集方法も現在強化しています。

 

image